セクキャバは女性とイチャイチャするための場です。

MENU

セクキャバの特徴やメリット・デメリット

特徴

セクキャバとはセクシーキャバクラの略で、女性を触れるキャバクラという位置付けになっています。
店舗によってルールが異なるものの、基本的に女性は服を着ています。
このため、オッパイを触ることはできますが、あくまで服の上からということになります。

 

ヌキも行っていないため、例え興奮しても男性はイクことができません。
これらの特徴から、エロの面だけで考えると、“キャバクラ以上、ヘルス・ピンサロ未満”と判断できます。ヌクという行為ではなく、女性とイチャイチャして楽しみたい、そんな男性向けのサービスです。

 

 

メリット

ヌキはないものの、女性が男性の膝に座るなど、イチャイチャした恋人同士のような時間が味わえます。
このため、楽しむエロを求めた場合、セクキャバが最もそれに近いツールになります。
また、料金も安いため、低料金でエッチなことができる点も魅力です。

 

ちなみに女性が服を脱いでくれる店舗もあり、そういった店舗は“オッパイパブ”などと呼ばれています。
ただし、基本的は脱がない店舗の方が多いため、オッパイが見られることに期待するのはNGです。
あくまでイチャイチャして楽しめる、それを目的とした男性向けのサービスになっています。

 

 

デメリット

エロさに欠けているのが最大のデメリットです。
オッパイを触ることはできるものの、基本的に女性は脱がないですし、裸を見ることができません。
例え触るだけで興奮できても、ヌイてもらうことすらできないのです。

 

セクキャバのコンセプトは“女性とのイチャイチャ”ですから、それに興味のない男性には、全く魅力のないサービスということになります。
少なくとも、キャバクラが全く楽しくない男性にとっては、セクキャバも楽しめないでしょう。

 

 

ヌキがないという時点でエロとは遠ざかってしまいますが、女性を触れる点で立派なエロツールです。
ヌイてもらえないですし、その場でオナニーするわけにもいかないので、性欲処理としては的外れですが、女性とイチャイチャして過ごし男性にとっては最適のツールです。