ピンサロと他の性風俗との違いや特徴をまとめました。

MENU

ピンサロの特徴やメリット・デメリット

特徴

よくヘルスとの違いを知りたがる男性がいますが、ピンサロの場合、建て前は飲食店です。
つまりヘルスのようにシャワーや個室が用意されておらず、あくまで店内での性サービスになります。
フェラの前もシャワーではなくおしぼりで拭くだけで、サービス内容も軽めです。

 

この説明するとヘルスの劣化版のようなイメージを受けるでしょうし、実際にサービスだけで判断すればそのとおりですが、その分、ピンサロは料金が安いという特徴があります。
イベントや時間帯によっては、3000円程度でサービスが受けられる安さです。

 

 

メリット

安い料金でヌイてもらえる、それが最大のメリットです。
過激なプレイは期待できないものの、女性のオッパイを見ることは大抵できますし、さらにはNGですが、本番が行われている店舗も存在しています。

 

万単位のお金を出さなくてもヌイてもらえるということで、オナニーは物足りないけどヘルスは高い、そんな考えを持った男性におススメです。
もちろん一応は飲食店のため、ドリンクを飲むことも可能です。

 

 

デメリット

本番が行われる店舗があるといった時点で想像できると思いますが、合法ではない店舗もあり、警察に摘発されるピンサロも数多く存在します。
その意味では、客として入店する際にリスクがあることになります。

 

また、シャワーやお風呂を完備していないため、衛生的に気になる男性にはおススメできません。
サービス内容も店舗ごとで全く違うため、中には女性が服を脱がない店舗もあるのもネックです。
さらに、個室で一対一のサービスとは全く異なるため、店内の雰囲気になじめるかどうかも重要です。
このため、本格的な風俗と比較すると、見劣りする部分が多々あります。

 

 

ピンサロはお手軽な料金が魅力なものの、ヘルスに慣れていると物足りなく感じてしまいます。
サービス内容だけで判断すれば明らかにヘルスやソープに劣るため、料金の安さをどこまで魅力に感じるかで、ピンサロの評価は変わってきます。