エロの業界は進化つづけています。あなたの知らない最新ツールがみつかるかも?

MENU

ヌキたい時、あなたは何でヌキますか?

オナニーのオカズと言えばAVやエロ動画が一般的ですが、改めて考えてみると、エロ目的のツールは実に様々な種類があります。

 

もちろんどれもエロという意味では同じですが、得られる興奮や感覚は違うため、自身にピッタリのツールを考えてみると、今まで以上の満足度を得られるかもしれないですよ。

 

オナニーで気持ちよくなりたい

自分で好きにヌキたいのなら、おススメのツールとなるのはAVやエロ動画です。

DVD

 

動くのにこだわらないのなら、エロ本やエロ画像といった方法もあります。
これらは何と言っても手軽さが魅力です。

 

風俗のように足を運ぶ必要はないですし、金額も高額ではありません。

 

最も、男性がオナニーをする頻度を考えると、高額では大赤字になってしまいますし、その意味では過激さは過激さや快感は風俗などには劣るものの、貴重なツールと言えます。

 

また、AVにしても動画にしても、好みのタイプの女性やシチュエーションが簡単に入手できるのも魅力です。例えば“ロリ顔の巨乳女性が犯されるところを見たい”、そんな願望もこれらのツールなら容易に入手できます。
このため、オナニーではこれらのツールを愛用する男性が多く、もはや生活必需品の域になっています。

 

 

ヌイてもらいたい

自分の手ではなく、女性にヌイてもらいたい場合には、風俗関係を利用することになります。
ソープでは本番ができますし、ヘルスやキャンパブでもヌイてもらうことができます。

 

これらの魅力は女性の裸を目にできることで、ある程度の責めもできることです。

 

とは言え、性癖は人それぞれなので、中には特殊なプレイでヌイてもらいたいという願望の男性もいます。風俗側もそれは分かっており、一言でヘルスやソープと言っても、実際にはイメクラやヘルスでのコスプレなど、様々な性癖に合わせたサービスが展開されています。

 

特に今まで彼女がいてエッチできる環境にあったのに、別れてエッチできなくなった男性は、AVでオナニーするのを物足りなく感じ、風俗を利用するケースがあります。その意味では、例え彼女がいなくても、風俗を利用すれば裸の女性を抱くことができるのです。

 

 

ネットを使ったツールは斬新

男性がヌク手段としてはAVやエロ本で自分でヌクか、ヘルスなどの風俗でヌイてもらうか、これら二択が一般的になっています。

 

しかし、ネットの普及によってエロにも新たな時代が訪れ、ネットを使ったエロのツールも充実しています。

 

その代表となるのがライブチャットです。

ライブチャットはWEBカメラを使って、リアルタイムで女性とエッチなやりとりができます。
結局はオナニーをするわけですが、それでもAVとは全く違った臨場感が味わえます。

 

また、エロ動画もAVとは違い、無修正動画を観賞することができます。

もちろん違法な意味ではなく、海外サーバーを使った合法のアダルトサイトを利用することで、たっぷりと無修正動画を楽しむことができますし、中には人気AV女優の無修正動画も存在しますし、アダルトサイトの場合、ラインナップ数としては10000作品を超える規模の巨大なサイトも存在しています。

 

彼女を作ってエッチするのが一番気持ちいいし満足できます。
マンネリした時には女性用媚薬の効果を試してみるのもいいでしょう。

 

ですが彼女がいなくてそれに近い感覚で気持ちよくなりたい場合、手助けとなるツールはこのように多数あります。
また、どれが一番魅力的なのかと言えば人それぞれで、なぜならそれぞれのツールごとに長所と短所があるからです。

 

 

 

ここではこういったエロのツールをテーマに、長所と短所を含めてそれぞれの特徴を挙げていきます。

 

男性はもちろんですが、男性はこうやって性欲を処理しているという意味で、女性にとっても興味深い内容になっています。